【カイ攻略】6Pからのバースト対策コンボ

攻略

MTCちゅららです。

 

今回はカイの対策ではなく、カイを使っているプレイヤーに向けたちょっとしたお役立ち情報を発信していこうと思います。
取り上げるのは、よくある6P対空成功後のバースト対策コンボになります。
さっくり動画を用いて解説をしていけたらと思います。宜しくお願いします。

 

 

事前知識

サイクバーストは金、青共に発生18F。

○金、青共に投げ無敵はなく、打撃無敵のみ。

○青バーストのみ行動終了後食らい判定が復活する。

○投げ仕込みJS=JSJHS同時押し。相手が投げれる状況なら投げ、そうでなければJSが出るといったもの。

 

 

 

よく見る喰らい方+バー対失敗例↓

 

バー対失敗例

 

○最初のカットはよくある食らい方。ダメージを取れるルートのためバーストを読まない場合は2HSにいって構わないと思います。

~~以下解説~~

Q,jcJPをしているのになぜかくらう!

A,jcJPでのバー対は不可能。jcでフレームを消費しているためたとえJPの全体硬直が18F以下でもガードができなくなります。
JPでバー対をする場合は、他の技のキャンセルからしか出来ないことを覚えておくといいです。


Q,投げ仕込みJSをしているのにバーストを投げれない!

A,高さが合っていないか、相手が少しタイミングを遅らせて出しているためJSの発生後に食らってしまっている。
動画では高さが合っていないため食らっている。一番多いであろうパターン。

 

 

だいたいみんな6Pの後の近Sを食らった後にバーストをしてくるかと思いますので、そこからのバースト対策コンボを解説していきます。

 

 

6Pからのバースト対策コンボ↓

バー対コンボ

レシピ
6P近SjcディレイJS(JHS)JPJSjcディレイJS(JHS)JPJS
このルートでヒット後最速バーストは全て投げるかガードするか避けることが出来ます

※()の中のJHSはJSと同時に押す(いわゆる投げ仕込み)。
jc後のJSは必ずディレイをかけること。これを怠ると高さが足りずバーストを食らってしまったり、jc前のJSでバーストを避けきれずに食らってしまう。

 

 

 

レシピだけ書かれてもピンと来ないと思いますので以下成功例↓

実践

筆者は実戦で長いことこれを使っていますが、だいたいみんな近S後にバーストして空投げされてることが多いです。
唯一2段ジャンプ直後のJS(JHS)にディレイバーストをされると食らうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

いかがでしたか?
個人的には6Pがせっかくあたっているのにjcガードをしてダメージアップのチャンスを逃してしまうのはもったいないのかなと思っています。
相手がバーストをしていればおいしいのですが、していなかった場合そこでコンボが終わってしまいますし、バースト読みを盾に調子に乗ってくるかもしれません。
多少ダメージや状況は劣ってしまいますが、相手がバーストをしようがしまいがおいしくダメージアップやダブルアップを狙えるバー対コンボは非常にオススメです。
バーストまわりの駆け引きは、勝率に大きく関わってくる箇所だと思いますので、ぜひぜひ実戦でも使っていって頂けたらと思います。